ホーム>ダーツ
  • ホーム
  • ショップのご案内
  • 初めての方へ
  • スタッフ紹介
  • ダーツ
  • ビリヤード
  • ブログ

ダーツ

ダーツの投げ方

Grip グリップ
バランスのとれた持ち方をする為に持ち方をチェック!
 
 ・重心の探し方
 四本指でダーツを持つ場合は、ダーツの重心を人差し指と中指で探す。
 
 3フィンガー
 中指をティップに添える3フィンガー。狙いを定める時に安定します。
 
 4フィンガー
 手首の硬い人や巻き込むように腕を引く人は、4本指で持つこのグリップがおすすめ。
 
Stance スタンス
自分に最も合う「投げやすい」と感じるスタンスを見つけよう。
 
 ミドルスタンス
 正面型と側面型の中間のフォーム。体重のかけ方や体の向きなどは人それぞれ。
 
 クローズドスタンス
 的に対して利き手側の体の側面を向けるスタンス。
 前足に重心を掛け過ぎると投げる時に後ろ足が浮き、不安定になる。
 
 オープンスタンス
 的に対して正面に構えるスタンス。常に同じフォームが取りやすい。
 他のスタンスよりも両目でしっかり的を狙える。
 
Throwing スローイング
自分のダーツがどんな軌道で飛んでいるかをイメージしながら投げてみよう!
 
 ①ユーミング
 ユーミングとはダーツを構えることを言います。目線よりやや下にダーツを構えます。
 
 ②テイクバック
 構えたところで肘を固定して、肘を中心に手が弧を描く様に
 腕を引き付けることをテイクバックといいます。 ※引きつける量は個人差があります。
 
 ③リリース
 リリースはダーツを離すことです。基本的には、構えた所でダーツを離すというイメージを持ちましょう。
 
 ④フォロースルー
 ダーツを指から離した後のことを言います。投げ終わった後の手は、
 狙ったターゲットに向いていることが理想的です。

ダーツの投げ方 How to throw darts

Grip グリップ
力を入れず、バランスのとれた持ち方できちんと持とう!
 
 ・重心の探し方
 指の上に乗せ、水平になる点がダーツの重心。そこを親指と人差し指でつまむように持つ。
 
 2フィンガー
 余計な回転とひっかりが少ない2フィンガー
 
 3フィンガー
 中指を添える3フィンガー。狙いを定める時に安定する。
 
 4フィンガー
 手首の硬い人や巻き込むように腕を引く人は、4本指で持つこのグリップがおすすめ。
 
 
Throwing スローイング
肘を動かさずに、力を抜いてスッと投げよう!
 
 軸に対して肘が下がり過ぎたり、上がり過ぎてしまうと、ダーツが不安定になってしまうよ!
 
 Point
 ・ダーツは水平または少し上向きぐらいで離そう。
 ・手首は無理やり返さない。自然に返るようにしよう。
 
 構えたところから(①)肩の方へ腕をまっすぐ倒す。(②)一定の速さで投げはじめ、構えた位置で離す。
 (①)離した後は(③)までしっかりと投げ切る。
 
 
Stance スタンス
自分が安定出来る「投げやすい」と感じるスタンスを見つけよう!

投げ方ポイント

まずは「ダーツ」を投げてみよう!!

 
1 GRIP(グリップ)
きちんと持つ!
ダーツのバランスを崩さず、力を入れずにラクに持つ。
 
 1 重心を見つける
 人さし指にダーツを乗せ左右が釣り合うところを探す
 
 2 人さし指と親指で持つ
 ダーツの重心部分を人さし指の第1関節と親指の腹で挟むようにして持つ
 
 3 手首を倒す
 手首を倒したときにダーツの先端が狙っているところを向くようにする
 
  ダメな握り方 BAD GRIP
 
  ・指先で持つ
  ダーツが安定せず、方向が定まりにくい
 
  ・極端に重心の後ろを持つ
  ダーツのバランスが保てず、安定したスローができない
 
  ・不自然に指をかける
  指先に不必要な力が入り、思い通りに投げられない
 
 
2 STANCE(スタンス)
どっしり立つ!
前足に1本の棒が上からまっすぐ入って、ズドンと体を支えているイメージで立つ。
重心は前足に9割、後ろ足に1割ぐらいがベスト。
 
 ダメな立ち方 BAD STANCE
 
 ・投げる手と前足が反対
 野球のような投げ方は、力が入りすぎて危険
 
 ・構えが大きすぎる
 動作が大きくなると、ダーツの飛ぶ方向が定まらない
 
 
3 THROWING(スローイング)
ブレずに投げる!
ひじを支点に前腕を動かし、紙ヒコーキを飛ばすように投げる。
 
 ダメな投げ方 BAD THEOWING
 
 ・ひじが大きく動いてしまう
 投げる位置が安定せず、狙いが定まらない
 
ダーツ
ダーツ2